2005年12月27日

上下関係を作る人、作りたがらない人

本日は、先日に引き続き、「オタク最強論」の第二弾です。
私は、「オタク」とは、資本主義社会からドロップアウトした人たちであると考えております。

資本主義社会とは、上下関係を作る人の集合体です。
この社会では、人の優劣はお金を稼ぐ能力によって決められ、それ以外の人間的な価値は、ほとんど評価の対象になりません。
…以下この記事は別サイトへ移転しました。




 banner_001.gif ←もしよろしければワンクリックお願いします。

  ←クリックだけでボランティアができます。

 
posted by Y.Takahiro at 01:37 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(2) | 『心(こころ)』の章
この記事へのコメント
初めて書き込ませてもらいます。
毎回面白いテーマを設定して記事を書いているようで、今回と前回のオタクの記事も興味深く読ませてもらいました。
この考えは、オタクという現象の一面を上手く表現していると思います。競争社会で生きていける人と生きていけない人がいて、現在はは資本主義という競争社会で生きていける人達の世界なわけで、金を儲けるという形で勝たなければ生きていけないんですよねぇ。
各個人の個性や才能、努力が認められたりする新しい社会、本当にそんな社会で生きてみたいものです。
Posted by 161 at 2005年12月27日 14:38
その通りだ!と思いながら読ませて頂きました。
そうですね。上下関係などは大嫌いですし、軽蔑されがちです。

オタクとゆう言葉がいけないのでしょうか、『オタク』=『キモい』になっています。

そんなオタク達が作り出す社会なら私も居心地よく暮らせそうです
Posted by シャイン at 2005年12月27日 17:03
日本は今、怪しい方向に進んでいると思います。拝金主義と快楽主義に迎合しつつあるんでしょうか。
僕は社会に幻滅してますが、どうせなら幻滅ついでにいつか破壊してやりたいと思ってしまいます。今、この幻滅する社会で既得権益にしがみ付き、甘い汁を吸うことに疑問を感じない人々には退出して欲しいのです。
オタクは或る意味純粋です。純粋さを残すからこそ、社会に適応出来ないのではないかと思います。実社会はそれ程に穢れていますからねぇ。
仰るようなオタクが中心になって作る社会は面白いかも知れません。でも、そうとうマニアックな予感がしますね(笑)
要領を得ない自分勝手なコメントで申し訳ありません。
Posted by Harvey at 2005年12月27日 21:57
おっしゃるとおりですが、オタクも一概にくくれないですからね。本当のオタクはそのジャンルのスペシャリストとして成功もするでしょうから、実力社会では自然とオタクが頭角を現してくる気がします。
竹中さんだって経済オタクでしょうしw。研究者とかアーティストなど、みなオタクですからね。問題は中途半端な単なるアニメオタクとかでしょうか?
Posted by mondo at 2005年12月28日 14:11
はじめまして。
数日前にこちらを始めて拝見しました。面白く読ませていただきました。
どうしたら、みんなが笑い合って暮らせるような社会が創れるか、考えているところです。
上下関係について、トラックバックさせていただきましたので、よろしくお願いします。
Posted by yohko at 2005年12月28日 16:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 コメントの表示は承認制になっておりますが、通常は24時間以内に読ませていただいております。
(ブログオーナー : Y.Takahiro )

この記事へのトラックバック

ビジネススクール
Excerpt: ま、ビジネススクールに本当は行きたい訳です。 で、何で行きたいかと言うと、まぁ、色々と有ります。 簡単に言えば、それが何時か何かの役に立つはず。と言う気持ちとか、生まれてから一度もちゃんと勉強したこと..
Weblog: New Yorkから始まる 捲土重来
Tracked: 2005-12-27 21:43

身内に対して
Excerpt: 人間の持っている感情の動きには、共通しているところがたくさんあります。 否定的な感情の動きは、どのようなメカニズムで起きるのでしょう。 感情の動きを探っていって、これはいらないと思うものを、捨てて..
Weblog: 幸せになるために
Tracked: 2005-12-28 16:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。