2006年02月28日

人と人との出会いは必然。

私のプログには、実にたくさんの方からコメントをいただきます。
プログへの直接の書き込みだけではなく、メールをくださる方もおります。
そのような方は、きっと自分の人生に対して前向きで、道を求めておられる方なのだろうと思います。
相手の顔はわからないのですが、女性の方が多いように思います。
現実にとらわれ過ぎている男性と比べて、子供を産む機能をもっている女性は、より感性的な生き方ができるのかもしれません。

昔と比べて、私にとって最近大きく変わった事は、インターネットを通して人との出会いがあるということです。
今の私にとって、メールは色々な人とのコミュニケーションに欠かせないツールです。

すべての物事には偶然がありません。
とくに、人との出会いには、深い意味が含まれていると私は思います。
私があなたと出会うこと、あなたが私と出会うこと、私があるグループと縁をもつこと、そのグループが私と縁をもつこと、誰かが私のブログと出会うこと、私のブログを通して私が誰かと出会うこと・・・。
それらすべての出会いには、出会った者同士お互いに意味があり、その時に自分に必要な人と出会わされているのです。

私たちは、様々な人との出会いによって、楽しい思い、不愉快な思い、驚きや嘆きなど、自己の様々な感情の変化を体験します。
その時々に感じた思いのすべてに意味があり、出会いのひとつひとつを噛みしめながら私たちは生きていく必要があるのです。

何かの組織をまとめるときに、誰かが憎まれ役を引き受けなければならない、という表現をすることがよくあります。
そのことと同様に、私は自分と相手の生き方を向上させようとする時に、進んで憎まれ役を買って出ます。

私は過去に、人の生き方について語り合うことをテーマとするワークショップを主宰していたことがあります。生き方がわからなくて苦しんでいる人が実に多いのです。
その会の中で、私は自分がそれほど腹を立てていなくても、相手のために自分を演じて説教をしてみるというようなことをしていました。
その時期は、そういうグループのリーダーとして、私はある意味命がけでした。

相手の弱点を見事に突いてしまった時、大抵はいい顔をしてきません。
そのような時ほど、本人にとっては気づきのチャンスであるはずなのですが、人間の精神はなかなか、そううまくはできていません。
人間には様々な感情があり、嫌になって私の前から去っていく人、逆上して言葉による攻撃を仕掛けてくる人、またごくまれにですが、陰湿な意地悪をしてくる人もおりました。
もちろん、感謝していただけることも多々ありました。

良い反応でも良くない反応でも、相手が強い反応を示してきたときほど、私は相手の人生に対して、自分との出会いを通して何らかの刺激を与える事ができた喜びに浸ることができました。
それは、相手にとって、私との出会いが無駄ではなかったことが証明される瞬間であるからです。

逆に、私が落胆してしまうのは、相手がほとんど無反応だった場合でした。
しかし、そのことは私自身にとっての大きな学習になりました。
他人に対して、自分の存在感をもう少し発揮することができるように努力をするきっかけになったからです。

しかし、私は自分の力で相手を変えようと考えたことは一度もありません。
人間は、そう簡単に変わるものではないからです。
それは、自分自身の経験で知っていました。

この出会いが、その人の人生経験の中で、何らかの確実なひとコマになればいいという程度に私は考えていました。
大切なことは、相手の脳裏に何らかの記憶を遺すこと。ただ、それだけでいいのです。
今は相手の反応が良くなくても、その状況にこちらが執着するのではなく、その人のスピリチュアルなステージが上がっていくことを心静かに祈ってあげようという、そういう大らかさが大切です。
たとえそのことによって、こちらが相手から多少の物理的な損害を被ったとしても、その時に許すことができるかどうか。それが、こちら側のスピリチュアルな意味での器の大きさになります。
意図的に相手に刺激を与えているのですから、リスクは覚悟です。
この世で出会った人は、すべてソウルメイトです。
出会った人同士が、共に霊的に向上していくことが人生の目的なのですから。

他人から自己の生き方、考え方について意見や忠告を受けた時に、人は人、自分は自分と言って聞く耳を持たずに拒絶してしまう人と、素直な気持ちで聞くことができる人とがおります。

頭から拒絶してしまう人は、まだ道を求めていない人です。
道は求めなければ、与えられません。
というよりも、それは自我にとらわれて、自ら道を閉ざしてしまっている人なのです。
縁に出会って縁を生かせない人です。

逆に、相手から今の自分を否定されることを恐れず、純粋無垢な気持ちで道を求める人には、人を介して天からのメッセージが与えられます。
まずこのことに気づくと、さらに、この世のすべてのものが自分とつながりあっていて、自分が体験するすべての現象が自分に対して何らかのメッセージを発していることに気づくのです。


関連記事
「物事に偶然は無い」
「出会いの意味と目的」
「釈迦とキリストの教えはこんなに共通している(3.無条件の愛)」
「釈迦とキリストの教えはこんなに共通している(4.出会いについて)」

 banner_001.gif ←もしよろしければワンクリックお願いします。

  ←クリックだけでボランティアができます。

 
posted by Y.Takahiro at 08:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 『宇宙』の章
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 コメントの表示は承認制になっておりますが、通常は24時間以内に読ませていただいております。
(ブログオーナー : Y.Takahiro )
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13883756

この記事へのトラックバック

違う愛、違う喜び
Excerpt: 今朝早くNHKのラジオ深夜便「心の時代」にチャンネルを合わせると、川崎医療福祉大学の特任教授、佐々木正美氏の興味深いお話が流れていました。タイトルは「響きあう心を育てたい」。 聞きとめたポイントは2..
Weblog: MP3ネット
Tracked: 2006-03-05 20:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。