2006年03月08日

愛する心

人に対して思いやりを持ちましょう、感謝の心を養いましょう、とよく言われます。
しかし、世の中には、見せ掛けだけの「思いやり」が非常に多いような気がします。

身近な周りの人に、自分を格好良く見せたい。
あとで自分の言うことを聞かせるために、相手に恩を売っておきたい。
……そういう下心があって、思いやりのある人のように振舞っている人がおります。

そういう人たちは、あの時ああしてやったのに、こうしてやったのに…と、常に他人に対して不満をもっています。
対人関係がストレスになりやすい人です。
根本的に人を信用できないのでしょう。
格好を付けて他人に恩を売ることでしか、人とうまく付き合えないのです。

本来の「思いやり」とは、無条件で人を愛することを言います。

本物の思いやりは、一切相手に見返りを求めません。
見返りを求めていないので、その相手との人間関係において、少しぐらいではストレスを感じることもありません。

母親の子供に対する思いやりは、無条件の愛です。
子供の命を救うために、我が身の危険を顧みない親もおります。
中にはそうではない親もおりますが、基本的に親の子に対する愛とはそういうものです。

それに対して、とても困難な道程で、人生の大きな修行になるのが夫婦の絆です。
夫婦とは、もともとはアカの他人。
夫婦になるということは、もともと他人だった者同士が、お互いに相手の生い立ちや人生をすべて受け入れることを意味します。
相手のことで、夫婦になってみて初めて知ることも多いのです。
どうしても相手の人生を受け入れることができなかったとき、別れてしまうこともあるのでしょう。
しかし、その別れも、お互いの人生において必要な体験となる場合もあるので、間違いであるとは言い切れません。
いずれにしても、私たちの「愛する心」の真価が試されるのは、夫婦生活にあるのではないかと私は思っております。

最近では、仕事を優先して生涯独身を貫く方も増えております。
仕事の中で無条件の愛を実践できる、ごく一部の方もおりますが、しかし、多くの人にとって、仕事とは駆け引きの世界。仕事は生活するための手段にすぎないものであって、私たちがこの世に生まれてきた目的ではないはずです。
自己の魂を成長させるためにも、一生一度は結婚という体験を持つことが重要なのではないかと思います。


関連記事
「釈迦とキリストの教えはこんなに共通している(3.無条件の愛)」
「出会いの意味と目的」

 banner_001.gif ←もしよろしければワンクリックお願いします。

  ←クリックだけでボランティアができます。

 
posted by Y.Takahiro at 18:30 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 『心(こころ)』の章
この記事へのコメント
非常にすばらしい考え方だと思います。
やはり人間として生まれてきた目的がなんなのか・・・・
勉強になります。

Posted by Mssa at 2006年03月21日 06:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 コメントの表示は承認制になっておりますが、通常は24時間以内に読ませていただいております。
(ブログオーナー : Y.Takahiro )

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。