2006年03月28日

誕生日占い

主婦の友社から発行されている「誕生日大全」というタイトルの本があり、ある人から、それがすごく良く当る誕生日占いの本だと聞きました。
さっそく今日、私はその本を、まず書店で立ち読みし、自分の誕生日である6月23日のページを開いてみました。
6月23日生まれのキャッチコピーは、「強い精神力と高い目標が導く成功」。
なかなか良いキャッチだと思い、私は気を良くして衝動的に買い求めたのです。

家へ帰って、その本をゆっくりと読みました。
キャッチコピーの中に「成功」という言葉の入った誕生日は、ほかには、ほとんど見当たりませんでした。

説明文を読んでいくと、私の性格や能力のことについて、いろいろな事が書かれていたのですが、その中から良い言葉だけを拾って、ここに書き写してみたいと思います。

「鋭い直観力と瞬時に物事を理解する能力を持つあなたは、非常に聡明で洞察力に富んでいます。繊細で恥かしがり屋ですが、あなたは強い精神力と高い目標を持ち、そして成功を必ず手にします。」

「29歳を過ぎ、太陽がしし座に入ると、目が社会に向くようになります。」

「価値を見極める目と財力に恵まれたあなたは、決断力や物事を成功へ導く力にも恵まれています。つまり、どのような困難にあおうとも、それらを乗り越える力をあなたは持っているのです。」

「繊細で優しさにあふれたあなたは、恵まれない人や社会のために働くこと、人々に安らぎを与えるような仕事に魅力を感じます。また、その公正な性格は、文章を書く仕事でも才能を活かすことができます。」

「繊細で、直観力が非常に強いあなたには、精神的な安らぎが必要ですが、誰かの支えとなり、元気づける役割を担うこともしばしば。心を許すまでに時間がかかりますが、ひとたび心を開けば、心変わりすることもなく、相手を裏切ることはありません。」

「人との出会いを好みますが、23日生まれの特有の活発さで、さまざまなことに挑戦し、多くの体験をし、それらを上手にこなしていくことができます。人なつこく、楽しいことが大好きなあなたは、常に冒険心と意欲に満ちており、活発な活動を通して、その才能を開花させます。」

なんだか自分自身で胸がこそばゆくなるような、良い言葉ばかりが並びましたが、私はこれらの表記が当っていると思っています。
また、当ブログをいつも読んでくださっている方ならば、これらの表記が私自身の性格と、ほぼ矛盾していないということをご理解いただけるのではないかと思います。

「鋭い直観力を持つ」とありますが、これは私がこのブログに書いた「インスピレーション」の記述と関連していると思います。
「29歳を過ぎ、目が社会へ向く」とありますが、私は30歳の時に、トレンドを学ぶ会、そして生き方を語り合う会の二つの会の主宰者になりました。
「恵まれない人や社会のために働くこと」への私の志向は、このブログのプロフィールの中に記述しました。また私は、あしなが育英会とユニセフに定卒的に募金をしております。
「文章を書く仕事でも才能を活かす」とありますが、私は、自己の文才を生かして今までずっと仕事をしてきました。
そして私は、自分が「成功を必ず手にする」と信じています。


ついでに、私の妻の誕生日である2月14日のページも読んでみました。

「チャーミングで知的で、温かい心を持っています。」
「人あたりがよく、おおらかなあなたには、なごやかな人間関係が欠かせません。」
「仕事のうえでも明るい個性を売りこみ、華やかな暮らしを求めるなら芸能界という選択もあります。」

私の妻は、もともと性格がピュアで、友達が多く、明るいキャラクターを持っています。
そういえば、彼女は若いときに大手芸能プロダクションからスカウトを受けたことがあると言っていました。
やはり、この占いはよく当るのです。


私が今日、皆様に言いたいことは、「良いことは積極的に思い込め」ということです。
目には見えませんが、人間の心や意識には、とてつもない力が宿っています。
思いが現実を創造するのです。
自分は成功すると思い込んで疑わない人は、必ず成功します。

もし、今は自分の状況が良くなかったとしても、それは人生の修行の期間です。
その状況を、ありのまま受けてください。その経験は、後の人生に生きてきます。
修行の卒間を終えたときに、必ず良くなることを信じましょう。
占いの結果は、プラス志向でとらえて、良いことだけを信じ、自分の思い込みの中でうまく利用しましょう。
プラス思考が運勢の上昇をもたらすのです。

これまで私には、自分の性格や才能について、こうだ、と明確に思い込んでいたイメージがありました。
その結果、本日このような本と出会いました。
自分がイメージしていた、その通りのことがここに書いてありました。
私の場合には、占いの本が先なのではなく、自分の思い込みが先でした。
これも、「思いが現実を創造」したひとつの事例であると言えるでしょう。


関連記事
「思いは実現する、という宇宙の法則」

 banner_001.gif ←もしよろしければワンクリックお願いします。

  ←クリックだけでボランティアができます。

 
posted by Y.Takahiro at 22:21 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 『心(こころ)』の章
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 コメントの表示は承認制になっておりますが、通常は24時間以内に読ませていただいております。
(ブログオーナー : Y.Takahiro )
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15649176

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。