2006年06月21日

陰陽の法則で人生を好転させる

以前、「陰陽の法則」についてお話しました。
プラスとマイナス、表と裏、右と左、上と下、明と暗・・・というように、この世のすべてのものには両極があります。
「陰陽の法則」が存在することこそが、この世の、霊的な世界との決定的な違いです。
もし、陰陽の法則が存在していなかったら、私たちにとってこの世に生まれてくる意味自体が無くなるのです。
陰陽の法則があるから、私たちはこの世界に何度も繰り返し転生し、様々なことを学び、生きている喜びを感じることができるのです。
タレントの美輪明宏さんは、これを「正負の法則」と呼んでいるようです。

しかし、多くの人は、このことを理解していないので、好き嫌いがはっきりしています。
「表」の好きな人は「裏」を徹底的に排除しようとします。
「右」の好きな人は「左」を徹底的に排除しようとします。

この世に両極が必然として存在していることを理解せずに、自分の考え方と反対の極が存在することを受け入れようとしない人たちが組織を作ると、抗争や紛争が起こります。

「中庸」という言葉があります。
多くの人はこの言葉の意味を「真ん中」のことだと解釈しています。
しかし、「中庸」の本当の意味は「右にも、左にも、そして真ん中にも偏らないこと」、すなわち「すべてを受け入れること」なのだそうです。
右や左だけではなく、真ん中を選択する人も、その選択自体が偏っているわけです。

もし、自分の行動や考え方が右に偏っていると感じたら、左寄りの人と付き合ってみることです。
もし、自分の行動や考え方が左に偏っていると感じたら、右寄りの人と付き合ってみることです。
もし、自分の行動や考え方が真ん中に偏っていると感じたら、右寄りの人と左寄りの人と付き合ってみることです。
そうすれば、バランスが取れてきます。

自分の中にパラダイムシフトを起こして、人生を好転させる方法。
それは、自分が今まで苦手としてきたタイプの人や、今まで避けてきた世界の人と、積極的に付き合ってみることです。
自分だけの解釈、自分だけのフレームを通して取捨選択し多くのことを拒絶してしまうのではなく、とりあえず、いったんすべてを受け入れてみることです。

人生の中で、自分が意図していなかったタイプの人と、運命的に出会わされることもあります。
その出会いは、あなたにとって不快なものであるかもしれません。
しかし、その出会いには、あなたが成長するための何か重要な意味が隠されているのです。

すべてを受け入れて精神のバランスが取れてくれば、宇宙の法則に従って生きることができるようになってきます。
宇宙の法則に従って生きることができるようになれば、物事を正しく判断する力が身に付きます。

世の中には色々な考え方、いろいろな哲学、いろいろな世界があるのだということを知り、それらすべてを受け入れた上で、自分を含めて皆が幸せになる方法を考えることが大切です。
私は、「中庸」の精神こそが、世界平和を実現させると考えております。


関連記事
「人生の意味を語る『般若心経』の智慧」
「2006年の運勢を好転させよう」


banner_001.gif ←もしよろしければワンクリックお願いします。

 ←クリックだけでボランティアができます。

 banner_001.gif ←もしよろしければワンクリックお願いします。

  ←クリックだけでボランティアができます。

 
posted by Y.Takahiro at 12:28 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 『宇宙』の章
この記事へのコメント
中庸についての御見解、とても心にひびくものでした。
人生の中で学ぶこと、その路は長く深いものですね。
Posted by CocoMani at 2006年06月22日 13:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 コメントの表示は承認制になっておりますが、通常は24時間以内に読ませていただいております。
(ブログオーナー : Y.Takahiro )
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19607286

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。