2006年09月18日

軽井沢でクマとサルが・・・。

本日、テレビを見ていたら、軽井沢でクマとサルが民家の周辺部まで降りてきて、農作物が食い荒らされたり、人やペットの犬が襲われたりという被害が増えていると報道されておりました。
軽井沢では観光客と人口の増加によって、人間の出すゴミ(残飯)が増え、ゴミを狙って野生動物が山から降りてきていることが主な原因だと解説されておりました。

サルによる被害といえば、以前より日光などで話題になっており、このような野生動物の問題の拡大は全国的な傾向にあると思います。

軽井沢は最近15年ぶりぐらいに行ってきましたが、昔と比べて別荘地が拡大していることに驚きました。
車を運転して少し山の方へ向かうと、最近できたばかりの別荘地があって、昔と比べて道路の形状が変わっていたために、道に迷ってしまいました。
信州はバブル時代以前から大規模なリゾートマンションやレジャー施設を建設するめために山林が買収され、乱開発されてきました。

人間から見ると「野生動物による被害」という表現がされますが、そもそも被害者は野生動物の方なのではないでしょうか。
日本は少子化で人間の数は全然増えていないのに、人間が娯楽のために使用する場所だけが拡大され、野生動物の住む山林がどんどん人間によって占拠され、その結果して、野生動物が食べるものも減っているのです。
おまけに、人間が贅沢三昧に暮らしている結果として進行している地球温暖化が異常気象を引き起こし、そのようなことも野生動物にとっての安住の地を犯しているのです。

自然界の、傲慢な人間に対する逆襲が始まっているのです。
最近、世界中に多発している大洪水や大津波などによる大災害などを考えたら、軽井沢で起こっているクマやサルの行動などは、自然界による小さな抵抗にすぎません。

 banner_001.gif ←もしよろしければワンクリックお願いします。

  ←クリックだけでボランティアができます。

 
posted by Y.Takahiro at 18:02 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | 『世界』の章
この記事へのコメント
全く、同感です。

今回、男子中学生がクマに襲われて、
そのために2匹のクマが射殺されました。

1匹は、おそらく中学生を襲ったであろうと思われる
クマだったとのことですが、もう1匹は何の関係もないクマ。

何も悪いことをしていないクマが殺されるなんて、
ニュースを見ていて、切ない気持ちになりました。
Posted by みーじゅ at 2006年09月22日 09:52
はじめましてrinoと申します。

私の祖父は幼少期に山奥に住んでいましたが、山奥にいても
熊などは一度もみたことがないと話していました。
昨今の状況はそれほど異常なことなのでしょう。

Posted by rino-lawman at 2006年09月26日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 コメントの表示は承認制になっておりますが、通常は24時間以内に読ませていただいております。
(ブログオーナー : Y.Takahiro )

この記事へのトラックバック

熊に襲われる!長野中三生 タイクーデター+国連総会日本??
Excerpt: 長野の中学生が、熊に襲われて重傷だそうだ。大変だあ!今年は熊の餌になる「ドングリ」や「ブナ」の実が不作の年で、熊が里に下りてくる危険性が高いと、夏頃から警鐘が出ている。現に、例年にない被害の件数が報告..
Weblog: kimera25
Tracked: 2006-09-22 14:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。