2006年11月07日

パワースポット☆伊豆大島

11月3日から、会の仲間と伊豆大島合宿をしました。

特別ゲストとして、臨死体験からプレアデス星文化の記憶を授かったことがきっかけで「麻」の平和利用について研究をされている中山康直さんと、人は食べなくても生きられると確信し「不食」を実践している山田鷹夫さんも参加されました。

目に見えない何かの力が呼び寄せたのか、この日の一般参加者もパワフルなメンバーが集まり、全員が不思議体験をするという特異なツアーになりました。

溶岩が堆積してできた裏砂漠では、二夜にわたって横長の明るく点滅する横長の発光体が出現し、それを全員が目撃しました。
どうも、あれはUFOの母船らしく、私たちに合図を送っていたのではないかとのこと。

中山康直さんほかこの島に住んでいる方々からお伺いした話では、この島は昔から密教とUFOに縁が深いようです。

奈良時代に生きた山伏の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)が修行をしたといわれる洞窟「行者窟」はピラミッド型の山の麓にあり、ここは大島を代表するパワースポットなのですが、その洞窟の入口は大島の形をしており、さらに大島の形は宇宙人の横顔の形をしているのだそうです。

また、大島の玄関口である元町港から程近いところにある「為朝神社」には他の神社には見られない不思議な形をした御神体が祭られており、中山氏の説明によると、それはUFOなのだそうです。



ペアネックレス

 banner_001.gif ←もしよろしければワンクリックお願いします。

  ←クリックだけでボランティアができます。

 
posted by Y.Takahiro at 21:42 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 『宇宙』の章
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 コメントの表示は承認制になっておりますが、通常は24時間以内に読ませていただいております。
(ブログオーナー : Y.Takahiro )
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26975136

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。