2005年11月26日

東洋的(稲作文化的)思考のすすめ

古来の日本人は、稲作を生活の糧とし、村落という共同体を生活の場とする民族でした。

稲作社会が狩猟社会と異なる点は、複数の世帯が共同で作業を行うことによってはじめて個々にとって十分な食糧が得られるということです。
もしそこに個人主義が持ち込まれ、各自が自分で食べる食糧は自分の力だけで収穫すれば良いと考えたとしたら、たちまち社会全体が食糧不足に陥ります
…以下この記事は別サイトに移転しました。




幸せになるメルマガ






 banner_001.gif ←もしよろしければワンクリックお願いします。

  ←クリックだけでボランティアができます。

 
posted by Y.Takahiro at 00:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 『世界』の章
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 コメントの表示は承認制になっておりますが、通常は24時間以内に読ませていただいております。
(ブログオーナー : Y.Takahiro )

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。