2005年11月28日

生老病死を考える

「四苦八苦」という言葉があります。
これは仏教用語で、四苦とは生・老・病・死のことです。
生・老・病・死は、人間が抱えている苦悩の四大要素です。
このことについて、今日は考察してみたいと思います。
…以下この記事は別サイトに移転しました。




 banner_001.gif ←もしよろしければワンクリックお願いします。

  ←クリックだけでボランティアができます。

 
posted by Y.Takahiro at 19:52 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 『心(こころ)』の章
この記事へのコメント
記事、じっくり読ませていただきました。
そして、自分が忘れかけていたことを思い出させて
くれたように思います。
>「一念、矢をも通す」「念ずれば花開く」という言葉です。
自分の思考が後ろ向きになったときには現実もそれなりのものになってしまい、思考が前向きになれば現実が改善するということなのです。
この部分は何度も何度も頭に中に叩き込みました。
とても、勉強になり、またほっと出来ました。
ありがとうございます。
Posted by あゆみ at 2005年11月28日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 コメントの表示は承認制になっておりますが、通常は24時間以内に読ませていただいております。
(ブログオーナー : Y.Takahiro )

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。